« August 2013 | Main

November 2013

Saturday, November 30, 2013

Mokka mühle - Kaffee mühle - Zassenhaus

Zassenhaus のコーシーミルです。鍍金が良い感じです。

Kaffeemhl_zassenhaus_01
テーブルに固定する金具が付いています。

Kaffeemhl_zassenhaus_02
ハンドルは折りたたみ式で、ミルの中に収納できます。

Kaffeemhl_zassenhaus_03

手で外せるところを外してみます。

Kaffeemhl_zassenhaus_04マイナスドライバー一本で分解できます。古いコーヒーがゴム状になってへばりついています。

Kaffeemhl_zassenhaus_05
部品一個づつ洗浄して磨きます。

Kaffeemhl_zassenhaus_06

組み立てます。

Kaffeemhl_zassenhaus_07
筒の中では上記の様に収まっています。

Kaffeemhl_zassenhaus_08
ライオンが傘を持ったマークです。現行品とは違った意匠です。

Kaffeemhl_zassenhaus_09

組み立てます。

Kaffeemhl_zassenhaus_10
内部もきれいになりました。この四角い螺子を回してキメの細かさを調節します。四角い螺子は、折りたたみ式のハンドルを差し込んで回します。

Kaffeemhl_zassenhaus_11
現用品と比べると背が高いです。

Kaffeemhl_zassenhaus_12
テーブルに固定する金具が重くバランスが悪いので外しておきます。(差込式で簡単に脱着できます)

Saturday, November 16, 2013

OPTIMUS Nr.111/7 分解整備

ありそうで、意外と見ない OPTIMUS Nr.111/7 (111のサイレントバーナーヴァージョン)です。インナーキャップが欠品でした。

Optimus_1117_outer_cap_etc

296g  : spirit cup
218   : inner cover
224s  : outer cap
216g  : strainer for burner
393a  : screw for fastening tank

インナーキャップは、穴ありの111T用の 2180 にしようか迷いましたが、オリジナルに忠実に 218 にしました。

Optimus_1117_pump_assemble

240 : pump,complete
  251 : pump knob
  269 : pump lid
  245  piston rod with piston
    254 : piston,complete
      259 : pump leather
      257 : piston nut
  250 : piston rod nut
Optimus_1117_pump_valve

262 : pump valve complete
  265 : lead packing
  264 : socket
  266 : spiral spring
  267 : cork holder
  268 : cork packing ( reproducts of NBR )

Optimus_1117_spindle_etc

333  : needles pkt.
384g : spindle
387  : staffing box
390  : metal ring
389  : packing for spindle
236  : nipple :

ニップルの破損が著しかったので、ニップルを道具箱内で拾いました。

Optimus_1117_support_etc
13314 : protecting shield for tank
322e  : support for cooking vessels
Optimus_1117_tank_etc
383   : chain with S-hooks for wheel
2067 : burner with spirit cup ( picture without spirit cup )
382e : outer spindle with wheel

Optimus_1117_tank_lid
298c : tanklid
11c   : lid packing

Optimus_1117_other_parts
364   : nipple key  ( for 111/7 )
2180 : inner cover (FOR 111T) 参考です。
362   : key for nipple and stuffing box  111/7には付いていなかったかも?
371   : pincers ( no picture ) 残念ながら欠品です。

1031 : wind shield は、適合しなさそうです。(径が合わない)

Optimus_1117_bunkai
全バラの記念写真です。

Optimus_1117_assemble
各部品に組み立てます。

Optimus_1117_2067burner
オプティマス 2067バーナーです。

Optimus_1117_2067_zoom01
111T の221バーナーと違って、アウターキャップを固定するダボがありません。

Optimus_1117_2067_zoom02
アラビア文字がバーナー下にあります。

Optimus_1117_2067_zoom03
111T の221バーナーと違って、矢印の部分が狭いです。

Optimus_1117_naked
本体の組み立てをします。

Optimus_1117_kansei
完成です。

Optimus_1117_kansei02
上からの絵です。

Optimus_1117_burning_01
道具箱内で拾ったのニップルが不調?22B用の236gだったかも(かなり適当です)
燃料は灯油です。

Optimus_1117_new_nipple02
グラファイトパッキン と ニップルを購入しました。

Optimus_1117_bunkai_method
ニップルの交換は、上からできるので簡単です。

Optimus_1117_burning_02
無事燃焼しました。

Optimus_1117_burning_03_up
良い感じです。

Friday, November 08, 2013

MAX SIEVERT CAMPUS 3 分解整備

フランスから購入の CAMPUS 3 です。

Campus3_all_3本来ならストーブに被せるキャップと皮製のケースが付属するようですが、残念なことに、この個体は欠品だらけです。バーナープレートとハンドルも欠品です。

Campus3_all_02
とりあえず、小螺子で固定されている風防を外してみます。

Campus3_all_03
次々と外し易いところから外してみます。

Campus3_all_04
中央のバーナーチューブが酷く固着していてガスバーナーで炙りまくったのでウイッグは再使用できません。

Campus3_all_05
脚も五徳の部品も錆取りに備えて外しておきます。

Campus3_all_06
一頻磨いたので割りと綺麗になりました。タンクキャップの安全弁は、オプの様にキャップから真っ直ぐガスが噴出すのではなく、キャップの横方向へ吹き出す仕組みです。

Campus3_parts欠品だったハンドルは、ebayで落札のものですが(たぶん旧123の部品です)、形状はほとんどオリジナルに近いようですが、取っ手側面の丸い切欠はオリジナルには無いと思います。それほど高価なパーツではありませんが、どういう訳か、今までなかなか縁がありませんでした。バーナープレートはオプの8Rから拝借しました。オリジナルのバーナープレートには刻印があります。

Campus3_wigg
ウイッグの材料を探していたら、ENDERS 9061D のウイッグを製作する試行段階で放置してあった綿のロープを解していた物を見つけたので早速使ってみました。

Campus3_all_07
各部分に組み上げます。

Campus3_all_08このストーブのオリジナルのキーチェーンは、オプのキーチェーンとは異なった意匠だったと思いますが、とりあえずこれでいきます。

Campus3_all_09
完成です。記念撮影です。

Campus3_burning
暗いのでピンボケしましたが、美しく燃焼しました。燃料は白ガスを使用しています。

« August 2013 | Main

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ