« May 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

Thursday, July 11, 2013

Primus Nr.76 分解整備

Primus Nr.76 です。

Primus76_surface中央右側の金具は何でしょうね?

Primus76_surface02裏側です。真鍮の螺子でバーナー本体を留めています。

Primus76_surface03

「H.33.」って何の意味でしょう。

Primus76_open
残念なことに、五徳が欠品です。

Primus76_open02
それ以外は一通り揃っています。

Primus76_bunkai01
分解します。錆が酷いです。ミニライターのセット用のレバーが真鍮製でゴツイです。

Primus76_bunkai02
洗浄、錆取り、給油します。

Primus76_packing
左から、

タンクキャップパッキン: 20-12 ( t = 2)

ミニライター用パッキン: 9-5 ( t = 1.5)

コントロールノブ用パッキン: 13-6 ( t = 2)

逆止弁のパッキン: 5.5 ( t = 3)

Primus76_gp_packing
グラファイトパッキンはコールマン用に置き換えます。右側:新品

Primus76_try_err
CCSの画像と 所有している Primus Nr.77 の五徳を参照してペーパークラフトを作りながら検討し五徳を自作します。CCSの76は、初期型なので、この個体の刻印が"V 10"なので、1931年製の中期ヴアージョンで、ひょっとするとオリジナルの五徳には四隅の穴は無かったかも知れません。

Primus76_assemble

各部品を組み付けます。

Primus76_kansei
完成しました。

Primus76_kansei02
五徳をセットします。

Primus76_in_case
ケースへの収め方は、タンクを裏返して収めます。綺麗に収まっていますが、Primus 4949 バーナーヘッドは後日に置き換えたものかも知れません。オリジナルはスリットのバーナーでしょう。

Primus76_preheat
独特のプレヒート機構です。

Primus76_burning01
少し赤いですが、塗布した油を焼き切ると青く燃焼するでしょう。

Primus76_burning02
夏場にストーブの試運転をするのは本当に暑いです。

« May 2013 | Main | August 2013 »

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ